China

金桂皇朝にてディナー|永新坊

中華料理といってもいろいろ

若者の街「徐家匯」の
複合施設「永新坊」。
地下のレストラン街の中の
上海徐家匯永新坊の「金桂皇朝」へ。
ワンちゃんも一緒だったので
オープンテラス席でディナー。

Sponsored Links

広東料理

上海最後の夜は広東料理をいただきました。


Steamed abalone with vermicelli

日本では
あまりみない料理が沢山ありました。
脂っこくもなく、
どの料理も美味しかったです。
最後の夜は青島ビールで乾杯。


Braised pork with soya sauce

日本で食べるより
かなり甘かったです。


Steamed gourd with vermicelli and garlic

ウリ(キュウリ?)の料理は
見た目は衝撃的でした。
付け合わせの春雨も
ウリもガーリックがきいていて
美味しかったです。

Sponsored Links

中華料理?

ひとことで中華料理といっても、
とっても種類が多い。
なんとなく日本人の感覚だと
北京、上海、広東、四川に
分かれているのかな~といった
認識でしょうか?

北京、台湾、香港、上海と
旅行してきましたが、
今回が一番中華料理の奥深さを感じました。

アテンドが
上海駐在の日本人の友人だったことも
大きいかもしれません。

お店によってはない!

上海初日に友人に
「具体的に中華料理の何を食べたいのか?」と聞かれ、
意見が出せませんでした。
日頃そんなに中華料理を
区別をしたことがないからでしょう。

友人夫妻が
この質問をしたのには理由がありました。

上海ではそのお店が広東料理なら
広東料理しか置いてないため、
そこで四川料理の
麻婆豆腐が食べたいとなっても
ないっ!となるからなのだそう。
何度もアテンドで経験したのでしょう。

日本で中華料理に行けば、
だいたいミックスされていて
何でも揃ってるから
気にした事がありませんでした。

これからは日本で中華料理を食べるときも
何料理なのかな~と考えながら食べるのも
ありかなと思いました。

上海何食べても
本当に美味しかったです!

金桂皇朝

関連ランキング:広東料理 | 徐匯 シューフイ