Career

パラレルキャリア

スポンサーリンク

複業をして働く


パラレルキャリアを意識して

ミレニアル世代の私は10代から
終身雇用の崩壊を感じ、
将来はいくつか収入を得る手段を
準備しようと決めていました。

資産運用も収入を得る手段の一つですが、
仕事をいくつか経験してみようと
考えていました。

今でいうパラレルキャリアの形成を
目指したわけです。

スポンサーリンク

複業の一つ|講師の仕事

そんなキャリア形成の一つとして
選んだ仕事はフリーランスでの講師の仕事。

大学生になりアルバイトから初めて、
本当に仕事の楽しさを感じた職業です。

フリーランス

講師の仕事はフリーランスという
形態をとっています。
フレキブルに生徒の要望に答えたく、
フリーランスを選びました。

フリーランスで仕事を頂くための
大変さはもちろんあります。

フリーランスって安定もしないし、
何よりお金の面でも大変そうと
思いませんか?

パラレルキャリアでの強み

私の場合は
オフィスワーカーとしても働いているので、
雇用保険やお金の面での
焦りも心配も感じません。
(確定申告という手間は増えます。)

生活に直結しないため、
講師業の業務量や値段設定に
余裕を持たせることができています。

これはまさにパラレルキャリアで
他に固定の仕事をしている
強みだと思います。

スポンサーリンク

講師業での人との出会い

さて、この職業で一番楽しいのは
人との出会いです。

この仕事をしていなかったら、
10歳以上も若い人との出会いが
こんなにコンスタントになかったでしょう。

教える立場の役目が終わった後は、
友人として
一緒にハワイや韓国に旅に出たり、
美味しいものを食べに行ったり、
楽しい時間を過ごさせてもらっています。

考え方の幅を広げてくれる存在

生徒は小学生から大学生までと若いです。
教えるばかりかと言われるとそうでもなく、
教わることも多いものです。
何より年が離れるているため
考え方が柔軟で参考になります。

さらに生徒のお父さんお母さんとの
コミュニケーションを通し、
知識が増えます。

固定の会社だけに勤めている場合、
知り合う人の職種や年齢は
意外と限られているものです。

色々な年齢、職業の人と接することができ
複業をしてきてよかったなと思います。

私がオフィスワーカーを続ける理由なぜ会社勤めをするのか? 今の職場に着任して 1年が過ぎようとしています。 100人以上もの写真を撮影したり、 プロ相手...

スポンサーリンク
スポンサーリンク