China

豫園の上海最古の茶楼!「湖心亭」でひと休み

スポンサーリンク

あの女王も訪問!上海最古の茶楼

豫園を観光しつつ、
こちらの茶楼で休憩しました。

スポンサーリンク

「湖心亭」



九曲橋を
進んだところにある茶楼。

針を一本も使っていない建物で
有名なんだそうです。
昔の建築技術のすごさに感動します。

集会所として使われてきて、
1855年に茶楼としてオープン。
過去にはエリザベス女王も訪問されたそう。

入口すぐはお土産コーナーでした。
私たちはしっかりお茶を楽しむべく
2階へあがりました。

工芸茶とお茶うけ

お茶がどんな状態で
提供されるのか
イマイチよくわからず・・・
花のお茶を頼んだのでそこ重要!

期待していた通り
ガラスの急須でした。
インスタ映えと盛り上がる私たち。
花が開いて、目でもお茶を楽しめました。
素敵な時間を過ごすことができました。

たくさんの種類の中から
メニューの効果を見ながらお茶を選べます。
英語と中国語があったので
なんとなく予想をつけられました。
美容に効きそうなお茶もたくさん!



お茶を頼むと
うずらの茶葉卵、高野豆腐、お餅
何かの実がサービスででてきました。
お茶うけなのでしょうね。

スポンサーリンク

中華圏に何度か旅行をしているので
こういう卵は食べなれているのですが、
ちょっと日本人だと苦手とする方も
いるかもしれません。
私も当初は食べられませんでした。

まとめ

有名な観光地の豫園の中で
静かなひと時を過ごせる
趣のある茶楼でした。

26.May.2018

湖心亭

関連ランキング:中国茶専門店 | 豫園 ユーユェン

スポンサーリンク
スポンサーリンク