刈谷市美術館|名古屋から日帰りでいけるオススメの場所

深堀隆介展へ



別日に行く予定でしたが
会期の終わりも迫ってきており
方角が同じだったので
刈谷市美術館へも立ち寄りました

透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く
美術家・深堀隆介の個展が開催中です

スポンサーリンク


目次

  1. 深堀隆介さんについて
  2. なぜ金魚?
  3. 深堀技法?
  4. 平成しんちゅう屋
  5. 刈谷市美術館にて

深堀隆介さんについて

名古屋生まれ
名古屋のディスプレイ会社に勤務するも
1999年に退職
本格的に創作活動を開始し、
絵画と立体を並行してさまざまな作品を制作します

金魚の持つ神秘性に魅了され、
透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという
独自の斬新な手法で注目を集める
若手の現代美術家です

なぜ金魚?

制作活動を続けていくうちに
自分が何をすべきかを悩み
自信を失いかけていた時期があり、
金魚を描くきっかけとなった転機が訪れます

7年間放置していた
水槽で生き続ける金魚の存在に気づき、
その美しさに衝撃を覚えたのです

金魚に救われたというこの出来事を
「金魚救い」と呼び、
その後
金魚に自分を重ね、表現を追究
世界レベルの独創的な深堀技法となるわけです

スポンサーリンク

深堀技法?

器の中に樹脂を流し込み、
その表面にアクリル絵具で
金魚を少しずつ部分的に描いていき、
さらにその上から
樹脂を重ねる作業を繰り返すことにより、
絵が重なり合い、
立体感を持った金魚が表現され、
その姿はまるで生きているかのよう
極めて独創的な深堀の技法

まさに、
平面の絵画作品と立体作品の境界に揺さぶりをかける
革命的絵画

国内はもとより世界的にも高い評価を受けており、
近年ではライブペインティングやインスタレーション
(空間全体を
一つのアート作品として表現すること)にも力を入れ、
ますます表現の幅を広げているそう



実際にみてみると
生き生きとしたリアリティがすごいなと感じます
この金魚の立体感!
絵で表現されているなんて
信じられますか?

絵画でありながら立体的な躍動感にあふれ、
不思議な美しさを湛えた深堀金魚です

平成しんちゅう屋

個展の最後の部屋
平成しんちゅう屋は
写真を撮影することができます

ちょっと多重露出を用いた撮影で遊んでみました


刈谷市美術館にて

会期:2018年09月15日(土曜)から11月04日(日曜)
休館日:月曜日
    (9月17日、24日、10月8日は開館)、
    9月18日(火曜)、25日(火曜)、
    10月9日(火曜)
時間:午前9時から午後5時まで、入館は午後4時30分
会場:刈谷市美術館
観覧料:一般 900円(割引700円)
    学生 700円(割引500円)
    中学生以下無料

スポンサーリンク
[ 刈谷市美術館|名古屋から日帰りでいけるオススメの場所 ]Japan, , 2018/10/26 14:29