Certification&Skill

資格マニアは知っています|学びの意味

スポンサーリンク

資格マニアと言われて・・・



「資格マニア」と聞いて
どんな人を思い浮かべますか?

楽しいことが
世の中には溢れているのに
日々せっせと資格に挑み続けている変な人?

スポンサーリンク

資格マニアは知っています

「資格を沢山取るだけでは意味はない」と
よく言われます。

資格マニアは
数をこなすことに重きを置いて
資格に挑んでいるわけではありません。

では
なぜ資格取得を続けるのでしょうか?

学びの本当の意味

もちろん目指した資格を
最終的に取得できたら
それはいいことでしょう。

資格取得を通しての学びの本当の意味を
資格マニアは知っています。

資格取得を目指すメリット

引き出しが増える

知らない分野を知ることで
知識や考え方に幅が出ます。

引き出しが増えることは
多面的に物事を見る材料になります。

見えなかった全体像が見えてくる

勉強をするまでは点と点だったコトも
知識が増えたことで線でつながります。

部分的にしかわからなかったことの全体像が
時として見えるようになります。

スポンサーリンク

失敗への耐性

大人になると失敗って
なかなかする場所ないですよね?
私は資格試験は
その練習場所だと思っています。
何事も練習しておくと、
ダメージを最小限に抑えられるものです。

試行錯誤する

勉強するには時間の確保や
限られた時間での効果的な勉強法が
必要になります。
さらに資格取得に失敗したら
改善点も考えなければなりません。
移り変わるライフスタイルの中、
試行錯誤します。

突然資格が役立つときがやってくる

資格がいつ役立つかなんて
誰にもわからないものです。

だから、興味がわいて
学んでみたいと思った時が
取得を目指して勉強するタイミングだと
私は考えています。

勉強して得た知識は
決して消えることはなく、
自分の財産になりますから。

例えば
3年前に興味本位で取得した
整理収納アドバイザー2級
職場の引越しの時やラボの整理整頓で
とても役立ちました。

お金関係についてもっと知りたいとの
きっかけから取得した
FPの国家資格日商簿記
相続や税金、
仕事で予想外に任された経理で
学んだ成果を発揮しています。
訳の分からなかった給与明細も
今では理解してみることができます。

まとめ

今は雇用の安定も怪しい時代。
自分自身が進化することは
社会で求められていることの
一つではないでしょうか?

資格マニアは
変な人なのかもしれません。
しかし、確かなことは
日々進化し続けようともがく
学びの本当の意味を知っている人なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク